世界の大富豪

 

「世界の大富豪」2000人にお金や時間について聞いてみました

3%の本当に幸せな成功者たちってどんな人?

この本を読んで得られるもの

お金持ちになる為には何が必要か分かります

お金持ちの思考を学ぶ事が出来ます

自分の行動に変化を与えるきっかけを得られます

 

成功者と言われるお金持ちは、世の中全体で10%ほどです。

意外といるのね。

しかし、その中の大半7%の人はお金があっても人間関係や健康に恵まれておらず、本当に幸せではないそうです。

うん、確かにお金持ちってそういうイメージかも。

 

しかし、3%の人達は富を築きながらも、愛すべき人に囲まれて、心満たされる生活をしてるそうです。

著者のトニー野中さんはその3%の人達に会って分析し、幸福な成功者になる法則を発見したそうです。

おお、何それ。めっちゃ知りたい!

 

お金持ちになる一番大切な事は、才能でもなくビジネスモデルでもありません。

答えは「自分の器を大きくする事です。

お金を手に入れて家を買ったり、貯金をする人はまず成功しないそうです。

お金持ちに共通するのは、お金を手に入れたらそのお金をもとに、「何かかを始める」という事でした。

 

3%の人達は「お金」を持っているだけではなく「健康」です。「時間」にも縛られていません。素晴らしい「人脈」もあります。

この本ではその4つを習慣として分析しています。

このブログではその中の「お金」と「時間」にまつわる部分に触れていきたいと思います!

 

大富豪のお金にまつわる話

お金を払う、とは

大富豪ってやっぱり毎日豪華なご飯食べてるんかなー?

いえ。大富豪も豪華な食事は誰かと食事をする時のみです。

 

普段はおにぎりやバナナ。高いものを購入する必要はないと思えば、一切お金は使わないのです。

大富豪がクルーザーを所有するのも、仲間を楽しませたり、内輪だけの集まりを作りたい時の為です。

もし買いたい物があるなら、買う前に「それを買う事でどんな価値が自分にプラス出来るか」と考えるべきだと言います。

お金を払う事の意味」を考える習慣を作りましょう。

さあ、「黄金の羽」を拾って経済的自由な人生を手に入れよう!

 

「頑張ったから、自分へのご褒美」ってあるよね。うん、よくビール買っちゃう。

でも、お金持ちでそんなお金の使い方をする人はいません。すみません…。

お金の使い方が過去ではなく、未来に向いているからです。

それに、チャレンジそのものが遊びと同じ事で楽しいから、ご褒美を必要としません。

 

大富豪ほどお金で買えないものをしっかり認識しています。

「お金で買える物を所有する時は、引き換えにお金で買えないものを失ってはいけない」

家庭、時間、健康、知識、尊敬…などなど。

お金持ちになってもこれらを無くしたら悲惨です。

 

「経済の自由」を作る第2のステップは「目標をつくる」ことです。

想像するだけで心地良くなる事を目標にするべきだ。

もちろんその目標も、ゴールから逆算して到達目標を刻んでいく必要があります。

「何歳で何をする」と人生の年表を作り実践していくのです。

 

何の為に働くのか?

幸せな成功者は例外なく好きな事を仕事にしています。

「好き」でなかったら、それに立ち向かい続け、成功者に達することなど出来ません。

お金を稼ぐだけの仕事はしてはいけません。そういう人は結局、ストレスで病気になったりします。

「本音で生きる」はまさにホリエモン的ガンガンいこうぜ

 

会社員の場合、忘れてはいけないのが、どんな仕事でも与えられた仕事は必ず「好きの仕事」で成功するために必要な要素となるということです。

次へのステップになるのね。そう考えると頑張れます。

 

それに加え、大富豪は「好き」だけでなく「最終的に必ず成功する」という信念的なものがあるのです。

多くの質問の中で、唯一大富豪600人全員が「YES」と答えた質問があって、

「あなたは若い時から、これで成功すると思ってましたか?」なんですって!すげえ。

 

だから売上や失敗で一喜一憂しません。

結果より原因に興味を持ちます。常に「なぜだ?」と、調べるのです。

 

運が良い」を口癖にする大富豪も大勢いるそうです。これ神メンタルでも言ってた。

脳科学と心理学で目標達成が思い通り!すごいぜ「神メンタル」

 

成功者はどうやって心配という心のブレーキを外すのか?

それはこの「運がいい」という言葉です。

運が良いと思ってるから動き出せるのです。

 

お金の習慣あれこれ

成功者と一般人のお金についての考え方で一番大きな違い。

それは「お金を稼ぐ、貯める」という意識ではなく、「お金を使う、増やす」に意識傾けてます。

「使う」も消費するという意味ではなく、何かの目的の為に行使するという意識です。

 

成功者が一番お金をかけているのは何か?

まずは、勉強にお金を出し惜しみしません。

誰からも学びます。自分よりずっと地位の低い人や、ずっと若い人からも貪欲に学びます。

疑問を持てば必ず誰かの口を介して提示されるということを、経験上知っているのです。

オリラジあっちゃんに学ぶ「労働2.0」の働き方

 

また、成功者は、「自分が歳を取ったから」という感覚はありません。

常に現役。最新のもの、情報にも詳しいです。

〇〇がニガテという人は資産が目減りして行くのです。

新しい事にもドンドン挑戦します。

「それについて詳しい人を紹介しましょうか?」と言うと、大富豪の対応は、

「ありがとう!じゃあ、今連絡取れるかい?」

今すぐ動く。すぐさま連絡を取る。やっぱ出来る人はそうなんやなあ。

 

大富豪のお金の使い方

お金のやり取りには厳しく

少額でもお金のやり取りには厳格です。

これは「取引の正当性」とも言えます。

取引に対しては、ルーズであってはいけないのです。

結婚後にお金の管理で、配偶者に財布を預ける事はまずしません。

少ないお金であっても、それを「自分自身でマネジメント」する事が大切だと考えています。

 

富を増やす

普通の人が労働の対価としてお金を捉えるのに対し、成功者は「不労所得を含めた全体」でお金を捉えます。

世の中には多くの不労所得があります。権利収入とかまさにそれね。

アフェリエイトもロイヤリティーも全部そうです。

こうした所から給料以外の食い扶持を得ていく。これぞ「経済の自由」を手に入れる第一歩なんです。

あなたも手に入る不労所得「なぜ、あの人はお金にも、時間にも余裕があるのか?」

 

働いたらそれだけお金が増える、「労働時間と収入は比例する」と考えてる人。だめですよ。

大富豪は「働く時間と収入は反比例する」と考えているそうです。どういう事?

 

なぜなら誰にとっても1日は24時間です。その中で時給を増やそうとしても、収入の上限は増えません。

時間の切り売りはしないという感覚が必要です。

時間の切り売りを増やせば増やすほど、収入の効率は悪くなります。

だからこそ、権利収入が大切なのです。

あなたに与えられた時間は「1440分」です。使い方の管理、出来てますか?

 

お金を生まない所には使わない

大富豪は家や車にお金をかけません。なぜなら「お金を生まないから」です。

多くの住宅購入者は、ローンに追われ、メンテナンス費もかかり、「経済の自由」を手に出来ません。

豪華な家や車は自分の物欲を解消する為に買っています。でも物欲で得られる満足感には賞味期限があり、また次の物が欲しくなってキリがありません。

大富豪になるにはそうした物欲とおさらばなのです。

 

身に付けるものや仕事で使う物には、見得や物欲で高価なものを買っているのではなく、値段以上の価値がある「本物」を買うようにしています。

ローランドさんも同じ事言ってた。この動画めっちゃ面白いよ。

ローランド様名言集「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」男が惚れる男!

 

そして成功者は多くのお金を稼ぐことよりも、バランスを重視しています。

ある程度お金が増えたら人を雇って時間を確保する。

空いた時間でスポーツをしたり、友達に会って交流する。

経済、時間、人脈、健康のバランスを取りながらお金を増やすのです。

 

大きな借金をして起業もしていません。

サラリーを取りながら起業するのがほとんどです。この辺はホリエモンの意見とちょっと違うな。

ジョブスもビルゲイツも孫正義もみんな最初はお金が掛からないことから始めています。

 

大風呂敷を広げる発言もするけど、それは注目を集める為で、実際は小さな売上を積み重ねています。

むしろ成功者に多いのは、安定したサラリーマンのうちに事業を立ち上げたり、収入が確保できるまで仕事を辞めないパターンがほとんどなんです。

 

お金以外の人脈や健康については本を読んで下さいね。

めっちゃ参考になりますよ。

「世界の大富豪」を読んで時間の使い方をやってみた

時間をコントロールしてみた

大富豪に一番大事なものはなんですか?と聞いたら全員間違いなく「時間」と言うでしょう。

お金と言ってしまってた自分はカスです。

そんな大富豪に憧れて、時間の使い方をマネしてやってみました。

ほんま効果的なんで是非とも取り入れたら良いかと思います。

 

まず大富豪は時間には厳しいけど、時間には追われていないのです。

「明日からイタリア行こうぜー」とカツオを野球に誘うが如く声を掛ければ、「いいねー」と答えれるのが成功者なのです。

飛行機代を持っている、とかの話ではなく時間に束縛されていないのです。

 

逆に時間に遅れるなら連絡しないと怒ります。

これは器が小さいのではなく、その時間に出来た事があるからなんです。時間を奪われたくないのです。

5分もあれば何かしようとします。逆に「他人の時間を奪わないマナー」を身につける事が大前提なんです。

 

これな。隙間時間には必ず作業をするようにしました。

電車がホームにやってくるまでの5分の時間にkindleで本を読んでネタ探したり、ブログのバナーを作成したり。

仕事でも相手の時間を奪わないように、LINEなどを使い電話は控えてみました。

 

成功者とそうでない人の時間の使い方で決定的に違うところがあります。

成功者が「自分でコントロール出来るものに時間を使う」のに対し、それ以外の人は「自分がコントロール出来ないこと」に時間を使うのです。

他人の感情や過去の事を考えていても仕方ない。

自分の行動で変化するものに対してのみ、時間を使っていきましょう。

 

忙しいと言わない

忙しい、が口癖で成功する人はいない。

はい、これからは言いません!

「忙しい」は支配されている状態です。忙しいを口にする人は、それを言い訳にして逃げている事がほとんどです。

ネガティブな事を言わず出来る事を考える。それが大切。

 

先ほども書いたように、大富豪にとって時間は一番大切なので、大富豪は「何もしていない」時間を嫌います。

どこをどう探しても休日にソファーに寝転がってゴロゴロしてる成功者はいません。

読書やスポーツ、人に会うなど精力的に動いています。

 

リラックスの時間も大切にしています。

仕事の合間の休憩もムダと考えてダーッと集中して片付け、終わってからマッサージや温泉で寛ぐのです。

大富豪は体を休め、リラックスする時間も大切にするんだって。山に出かけてまで寛ぐ時間を作るのです。

ストレスを成長に変える!「ストレスを操るメンタル強化術」をメンタリストDaiGoに学ぼう

 

実は、今僕は徒歩5分の近所のホテルにいます。奈良に住んでるんで観光地のホテルがたくさん周辺にあるんです。

集中とリラックスを手に入れる為、ホテルの部屋を借りたのです。うひょー。

作業を集中して終わらせて、そこから温泉に行ってきますよー。

なんかめっちゃ大富豪な時間管理してる気分。

このホテルも奈良案内のブログに書くので、一石三鳥ぐらいになってます。

ナララクバナー

奈良町を案内するブログもやってます

 

嫌なことから手をつける

これなー。これが出来てないんんです。後回しにしてしまうんです。

嫌な事を後回しにすると、ずっとストレスになり快適な時間を失います。相当なエネルギーを無駄にするのです。

成功者ほど嫌なことは先にやってしまう人が多いのです。

残りの時間を良い気分で過ごす時間管理として、この意識は大切です。

 

そして、この本でも書かれています。

一番楽しいことを最優先で考える。

遊びと仕事を切り離さないのも大富豪の特徴です。

一般人は仕事のストレスを遊びで解消しますが、成功者はそういう遊び方はしません。

信頼を得てこそ好きなことに打ち込める!「モチベーション革命」

 

スポーツやパーティーも、サーフィンやドライブも全て「自分の成長につながるもの」なんですって。

つまり、あらゆる事が勉強であり、仕事であり、自分を喜ばせる「楽しいこと」なのです。

やりたい事が出来なかった、という日はない。忙しさを感じずに幸福なのはそういう毎日の積み重ねからです。

金言いただきました。

これを肝に銘じて生きていきます。

 

ほんと役に立つ教えが満載なんで是非読んでみてくださいね。

 

Audible トップ

オーディブル


 

著書名 世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと

著者 トニー野中

出版社 三笠書房