Gackt超思考術

 

この本を読むと得られるもの

  • GACKTさんが普段心掛けている思考を知ることができます
  • 思考を知る事で行動を変えることができます
  • 行動を変えて継続することで理想の自分に近づけます

 

「GACKT超思考術」思考で行動が変わる。行動で結果が変わる。もう一度聞こう、オマエはどう生きたい?

おれ、毎日繰り返して読んで、自分の血と肉にするんだ!

 

GACKTさんの本が出版されたのでkindleで買おうとすると紙の本しかありませんでした。

え?そうなん?と意外に思いながらも本屋に行きました。

 

確かにこの本は紙の本で読んだ方がいいですね。

いずれkindleでも出るかもしれませんが、こっちの方が読んでて楽しいかも。

とにかく内装が美しい。

GACKT超思考術 GACKT超思考術

 

この本はGACKTさんの思考を徹底解説しています。

話し方、考え方、お金の稼ぎ方、体の作り方から将来の夢まで。

 

さらっとすごい事が書いてあって、例えば「食事は体を作るものだし、1日1食しか食べないから、住む環境選びに大きな影響を与える」とか、まじでストイックすぎる…。

これを読んで俺にも出来るのか?と不安になったりしますが、やっぱりこんなすごい人になりたいと思わせてくれます。

 

でも自分自身を変えるのって難しいです。

なぜなら人を変えるには思考を変える必要があるからです。

 

思考こそが行動を支配し、全ての結果を生み出す。

思考、行動、結果。

この全てがアップデートされた時に、人は変わったと言えるのです。

ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」これを読まずして成功への道は無し!名著と呼ばれる所以がわかりました

 

今、世界中が変化していってます。

それに適応できないと、必ず追い込まれます。

今こそ本気になり、変わっていかないといけません。

変わらざるを得ないのです。

 

コロナの影響で、あと10年はかかると言われていた日本の進化が1年で遂げることが出来ました。

その分、猛スピードで勝者と敗者が生まれています。

その差はどこでついたのでしょうか?

 

それは「適応力」です。

僕の住んでる奈良では、たくさんのお店が閉店し、これをチャンスと出店する人も増えています。

リモートワークを活かして、これまで以上のアウトプットで成功している人もたくさん見かけます。

 

適応力とは、様々な不測の事態を想定し、タイムリーに思考をアップデートして、しかるべき行動を迅速に行う力です。

この適応力こそ人生において、最も重要なポイントです。

 

この時代において差を分けるのは、マイナス面をチャンスと捉える視点と、そこからの行動力です。

それこそが「思考の差」です。

 

朝起きて、飯食って、会社に行って、飲んで寝る。

そんな反射で動く何も考えていない人生を送っていないか、もう一度振り返ってみましょう。

 

もし、思い当たるところがあったなら。

ひとつひとつの現実に対して、「こう動くべきだ」という具体的な思考をポジティブな行動と結び付ける事ができたならば。

すぐに結果にはならなくても、あとで出てくる結果は大きく変化します。

思考と行動を愚直に繰り返した分だけ、きちんと人生にプラスとして返ってきます。

待ってました!マナブさんの本「億を稼ぐ積み上げ力」日々の習慣をいかに作るのか

 

このタイムラグを恐れてはいけません

これは人生に必要な先行投資です。

 

何か発想が浮かんだ瞬間に、強く結果をイメージします。

その結果から逆算すれば、やりたいことが最短距離で把握できます。

 

何年要するかはわかりませんが、手に入れるまでは苦しいですが、その先で「成功者」が実践している成功のループ、思考を手にすることが出来るのです。

もう僕たちは新しい時代にいる事を認めないといけません。

その時代に必要なのが「適応力」と「行動力」。

そして全ての根源となる「思考」です。

 

これまでの人生に不満があるなら、自分自身の思考を見直しましょう。

これからの人生に不安があるなら、自分自身の思考を変えましょう。

 

この本では、

  1. 結果
  2. 関係
  3. 身体

の項目でGACKTさんの思考の全てを解説されてます。

 

自分の理想の未来を、この本を読んで手に入れましょう!

結果を出すための3つの武器

ベストな選択と行動を取り続けること。

その積み重ねだけが、結果をもたらす。

 

これがGACKTさんが実践してきて実感した事実です。

でも、ベストな行動ってどうやって判断するの?

 

これは、迷った時は、より困難な方を選択するだけです。

選択するだけでは、意味はありません。

選択した行動を取り続ける事で、一度決めた事を絶対に怠らないことで、初めて意味を成します。

まさに真理。

 

結果を出すための一日をデザインし、1日×365日×80年のルーティンを生きれば、絶対に勝てます。

トレーニングの時間、勉強の時間、集中して仕事をする時間、会食の時間。

人生の全ての時間で甘えを無くし、努力が必要なしんどい方を選択する一日をデザインします。

あとはそれをルーティンにします。

 

怠らずに、毎日、やり続けるだけだ。やってみろ。やれ。

ボクには断言できる。

オマエには、圧倒的な成功が、絶対に待っている。

 

先輩、恩師、親。

人生の先駆者たちの言葉は、どんな情報よりも尊いものです。

素直に聞き、学ぶべき事を学びます。しかし、言葉に従う必要はありません。

従うべきは、自分自身が理想とする自分です。

 

まずは理想とする自分を明確に脳内に実在化させます。

理想の自分の「美学、思考、取るであろう行動、発言、振る舞い方」をイメージし、日常的に理想と対話します。

一度決めた事を怠りそうな時、諦めそうになった時、我を忘れた時、物事を選べない時。

その理想の自分はどんな口調で、どんな事を言ってくるでしょう?

 

そしてさらに、理想の自分から現実の自分に同調圧力をかけます

理想の自分が「僕はこうなんだから、君もそうだよね」と現実の自分に負荷をかけるのです。

現実を理想に誘導と圧力で近づけるんです。

 

本当に自分もやるだけで成功するんでしょうか?

逆に言えば、みんなそう言ってやらないので、知識として手に入れた事を行動に移すだけで、他よりも抜きんでます

やれば可能性が生まれ、やらなければ可能性はゼロなだけです。

 

人生はルーティンの繰り返しです。

悪習慣は慢性化すると、取り返しがつかないほどに人生を悪くします。

決して疎かにしてはいけません。

「億万長者のすごい習慣」を学んであなたも2.5%の人間になろう!

 

しかし、特別なことがない限り、その舞台裏を他人に見せてはいけませんよ。

自分を安売りして、種明かしをしてはいけないのです。

その瞬間は褒められていい気分になりますが、そこで終わってしまいます。

努力やコツを簡単にひけらかす人は、価値を低く見られるんです。

 

そうすれば「なぜかわからないけど、この人に頼めば上手くいく」となります。

影の努力は墓場まで持っていけなんですって。

この本に書かれたGACKTさんの姿もほんの一部だそうです。

 

しかし、僕は事あるごとに自分を甘やかしてきてしまいました。

そんな人への対策として、GACKTさんは「ノート」を使う事をオススメされてます。

Gacktさんもノート使うんや、意外。

 

ノートに課題をリストアップします。

具体的な目標や、それを達成する期日を書き込みます。

 

スマホに打ち込むよりも、書くという行為の方がより客観的に課題を把握できるそうです。

書いただけで満足せず、毎日一度はノートを開き、未達成の課題に対する具体的な行動を決めて、動き出すのです。

 

遂行するたびにチェックしていけば、やれた事は自信になります。

それはいずれ確信となります。

チェックの入っていない項目は必ずやれ!

いつまでもこの姿勢を忘れずにいれば、数年後には必ず理想の自分に出会えるはずです。

 

GACKTさんの課題ノートは月刊少年チャンピョンぐらいの分厚さだそうですよ!

 

「GACKT超思考術」を読んでやってみた

まずは身体作りが大切

実践してみたこと

  • 体幹を鍛える
  • 毎日トレーニングする
  • 食事を大切にする

 

理想のカラダはトレーニングと食事、そして思考で創られる。

 

僕は今、明らかに怠けた身体です。

腕の筋肉は落ち、ちょっと動けばバテて、身体はカチカチに固いです。

 

人生を変えるには健康な体が欠かせません。

GACKTさんはモテたり、なりたいカラダを目指してトレーニングしているのではありません。

仕事、趣味、遊びでも、GACKTさんの年齢で自分がやりたい事を思いっきりする為には、きちんと動ける体型が必要です。

 

体を鍛えるだけでモテるわけではありません。

魅力的な身体以上に、日々全力で生きている「攻めた生き方」をしていれば、自分自身を信頼できるようになります。

 

内側から自信が溢れ出し、幾つになってもカッコよくいられます。

その「生き方」に興味を持った人が、性別関係なく寄ってきます。

「一生モノのモテ理論」男なら読んどけ!ビジネスにも通じるテッパン・モテ術を伝授する!

 

GACKTさんはアスリートのような身体ですが、アスリートのような暮らしではありません。

めちゃくちゃ酒も飲むし、深夜まで遊び倒したりもします。

 

身体にとってマイナスな行動をしてるから、身体を壊さない無茶の利く状態でいるためにトレーニングをします。

食事とトレーニングでプラマイゼロにしてる感覚だそうです。

 

「健康のために楽しい事を我慢する」

そんな事を言うくらいなら、無茶出来るように、鍛えるのです。

我慢の人生に意味はありません。

 

やりたい事をやるために、理想の身体を創れ。まずは1ヶ月狂ったように鍛えろ。

GACKTさんの教えを早速行動に移してみます。

 

体幹を鍛える

 

ストレッチはもちろん、筋トレする事で血流が良くなり、体調が改善し、集中力も上がります。

運動しないと血液もドロドロ、不調や気怠さも頻発します。

しかし、身体の外側に筋肉を付けようとすると、むしろ疲れやすくなるそうです。

 

最も鍛えるべきは「体幹」だそうです。

ムキムキではない、引き締まった身体になります。

 

体幹を鍛えると体のバランスも良くなり、全身が安定して疲れにくくなります。

肩こりや腰痛も解消するでしょう。

 

そして、体幹のしっかりしている人って立ってる姿も美しいですよね。

姿勢の美しさは性別問わず、魅力を倍増させてくれます。

体幹を鍛えるぞ!

「東大式 世界一美しく正しい歩き方」インナーマッスルを使って体幹に沿った歩き方を学ぼう

 

毎日トレーニングする

「体力落ちたなー。俺も年取ったなー」

違います。何もしないから落ちるのです。

 

一日休めば、取り戻すには3日掛かるってよく聞きますよね。

やらないと負債がどんどん増えていき、いつかツケが利かなくなります。

毎日のトレーニングよりも面倒なことが起きますよ。

 

睡眠と同じように、トレーニングも貯めておく事はできません。

今までは、疲れた日や仕事が早い日はしてませんでした。

しんどい時こそ自分を押し広げるチャンスと考えるんですって。

毎日きっちり継続していきます!

 

食事を大切にする

栄養以前に「食事を摂る」と言う行為を大切にするんだそうです。

食事はその日一日を全力でやり切ったかを確認し、生を感じるひと時なんです。なるほど…!

 

生きてる事に手を抜いた日の食事はまずい。

最高の食事で最高の一日を締めくくります。

 

狩猟時代の人類は、獲物を獲らないとご飯にありつけません。

農耕時代も同じです。

「やるべき事をやった後に食事を摂る」と言う事は、本能なのです。

 

今の時代、適当に生きてても食事にありつけます。

でも、それでは満足感は得られません。

 

やるべき事を徹底的にして、疲れ果てた状態で食事をするのです。

今まで味わったことの無いほど美味しい食事になるそうです。

 

誰と、どんな店で、どんな気分で、何を食べるか。

その全てにこだわるのです。

 

加工食品や精製糖ばかりのバランスの偏った食生活を摂り、さらに運動不足だと健康な脳も維持できません。

食生活を見直していきます!

 

めちゃめちゃ参考になる話ばかりでした。名著です。

今日から思考を入れ替えて、どんどん生活を変えていきます。

理想の自分像もノートに書いて作ってみます。

きちんとできた数年後が楽しみ!

 

とりあえずこの本を読んでやってみよう、な!

関連記事 この投稿も読んでみよう!

キングコング西野亮廣「ゴミ人間」初エッセイ!夢へと続く軌跡

キンコン西野さんのエッセイです。

努力とは、こういうことだ!

 

Audible トップ

 

著書名 GACKT 超思考術

著者 Gackt

出版社 サンクチュアリ出版

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて