動画編集基礎術

 

この本を読むと得られるもの

  • 動画編集の面白さがわかります
  • 動画編集をやりたい人のガイドラインとなります

 

「YouTubeより早く稼げる動画編集基本術」今イチオシのスキルは動画編集です!

動画編集は必須スキルです

 

マコなり社長やマナブさん、イケハヤさんなどが副業でオススメしているのが、プログラミングと動画編集です。

現在では、素人だけでなく芸能人や企業のYouTube参入が続いています。

 

その方達はYouTubeは情報発信の手段であると割り切っています。

片や素人は、収益化出来るチャンネル登録者数1000人、年間再生4000時間の最低条件が壁としてそびえ立ちます。

さらに条件をクリアしても、再生回数10万回で5千円〜1万円程度の収入にしかなりません。

 

となると素人側の人間は動画編集の方が、副業としては有効であるとわかります。

そこからそれまでに得たスキルで自分のチャンネルを伸ばす事も可能になると思います。

 

動画はただ撮って投稿しているだけでは伸びません。

人を惹きつける編集技術が必要になってきます。

しかし、編集は非常に手間がかかります。

 

そこで動画編集を副業としてやってみようってことです。

この本では、

  1. 動画編集のメリットとは
  2. 動画編集のデメリットとは
  3. 打ち合わせができるコミュニケーション能力
  4. 動画編集の仕事でもらえる報酬とは
  5. 本業をしながら副業で稼ぐための学習方法
  6. 動画編集を初心者から始める3つの流れ
  7. 動画編集で準備しておきたい5つのこと
  8. 最低限これだけは習得しておきたい3つの技術
  9. 動画編集を習得する3つの方法
  10. 動画編集スキルを集中して身につける5つの方法
  11. センスがないからできる動画編集
  12. 見て学ぶ動画編集の技術
  13. 動画編集をセンス良く見せる具体的方法とは
  14. どうやって仕事を受けたらいいの?
  15. 動画編集の適正について

の項目で解説されています。

 

ここでは、動画編集の準備的なところを要約していきます。

動画編集を仕事にするってどんなのかな?って感じで見て下さい。

踏み込んだ部分は是非本で確認して下さいね。

動画編集を始めよう!

動画編集には、実際の動画10分のものを作るのに、編集には大体4時間かかります。

 

そして編集にはパソコンが必須です。

スマホで編集できるレベルでは仕事として厳しいと思われます。

 

パソコンもこの本の出版されたタイミングでCore i5のスペックが必要とあります。

今後4G動画も増えてくると思うので、要求してされるスペックは高くなっていくでしょう。

スペックが低いパソコンでは、動画編集の要領に耐えられません。

 

それプラス、専用ソフトが必要です。

動画編集ソフトを使いこなす事がプロへの第一歩。

 

動画編集のソフトですが、Adobe Premiere Pro と Final Cut Pro です。

YouTuberの動画見てても、ほぼ確実どちらか使ってるイメージ。

 

カメラはiPhoneでも問題ありません。

しかし、さらに上の画質を求めるなら、デジカメやアクションカメラが必要になってくるでしょう。

 

動画配信する人が、なぜ自分で編集しないのか?の背景には、この時間と初期投資の問題があるわけです。

でも、これをクリアしない事には、いっぱしのどうが編集とは言えません。

 

動画編集に必要ない知識は、Movie Hacksがオススメだそうです。

初めて聞いた。

ちょっと調べてみたけど、オンラインセミナーみたいなやつでした。

 

最低限これだけは出来るようになっておこう

不要な部分をカット

カットは動画編集の基本中の基本です。

動画のテーマに沿って不要な部分を切っていきます。

 

意外と使える場合もあるし、綺麗に撮れてもいらなくなる場合もあり、悩ましいところです。

撮影時には動画の繋ぎを意識して撮影するのも腕の見せ所。

 

見やすくするテロップ

テレビでは当たり前となっているテロップ。

登場人物のセリフに合わせて、文字を動画に入れていく作業です。

 

よく見てみると、テロップも色を変えたりと見栄えのセンスが問われます。

フォントだけでなく、出すタイミングでもぜんぜ変わってきます。

テロップがセンス良いと思ってもらえると、仕事の量は確実に増えます。

 

アクセントの音入れ

BGMだけでなく、効果音は動画にアクセントをつける為によく使われます。

これもセンスが問われますよね。

 

こうして動画のスキルを身に付けたら、早速自分が作った動画をアップしてみましょう。

SNSやYouTubeにアップする事で、反応も分かります。

 

そしてアップする事で、アウトソーシングの仕事が受けやすくなります。

その動画をみて依頼してくれるって事ですよね。

「YouTubeより早く稼げる動画編集基本術」を読んでやってみた

動画編集、始めました

実践してみたこと

  • 動画編集をして投稿しよう

 

僕も動画編集をしようと思い、色々試しています。

パソコンでももちろんやってるんですが、iPadProでの編集が面白いんです!

 

LumaFusionというアプリで編集しているのですが、かなり面白いです。

「おいおい、アプリで編集とかしょぼすぎるでしょ」

いやいや、それがなかなか凄いんですよ。

 

これが実用に耐えれるものなら、動画編集革命ですよ。

iPad Proだと持ち運びも楽だし、どこでも作業出来る様になります。

そうなると隙間時間でも編集出来るし、素晴らしいですよ。

 

今回は技術系の本の紹介なんで、ほんの触りになってしまいました。

動画編集はしばらく重要なスキルになるはずですので、是非とも押さえておきましょう!

関連記事 この投稿も読んでみよう!

 

 

 

Audible トップ

 

著書名

著者

出版社

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて