メンタリストDaiGoさんがツイートした中から反響のあったものを厳選して詳しく解説。人間関係、恋愛、仕事、お金の各項目で実際に使える心理学として実践する事が出来ます。

短い内容がたくさん収録されているので、言葉のサプリとして毎日ひとつずつ行動に変えていきましょう!

メンタリストDaiGo「ポジティブ・ワード」日々を改善し人生を緩やかに変えていくサプリメント

反響のあったツイートを厳選して詳しく解説!

この本を読むと得られるもの

  • 人間関係や恋愛、仕事それぞれの分野で使える心理学が学べます
  • 人生を変える行動に駆り立てる言葉が書いてあります
  • 心理学を応用し、自分の生活に活かせる方法がわかります

 

メンタリストDaiGoさんは、何よりも大事にしている読書と研究から得た気づきをツイートされてます。

もちろんわかりやすくまとめて140字以内でツイートされてます。

 

それでも「もっと詳しく!」という声は多く、その本質は「応用の仕方」であるとわかりました。

実際の行動に繋げる為のヒントが欲しいんですね。

 

この本は、そんな考えから書かれた、極めて実用的な一冊です。

なので、読むだけでなく、使ってナンボなんです。

 

この本では、

  1. 自分らしさを見つけよう
  2. 行動次第で人生は変わる
  3. 失敗も不安も怖くない
  4. 壁を乗り越えるために

の項目で、仕事やお金、人間関係に恋愛の各視点から提案されてます。

 

ここでは、個人的にも気になったものをピックアップしていきます。

他にも多くのトピックが描かれているので、是非日々の暮らしに取り入れて下さいね。

日々の行動を見直そう

自分を好きになれば、人生は好転する

自分の人生をいい方向に変えたいならば、毎日自分が行なっている行動に注目すればいいそうです。

それを行うことで、自分をもっと好きになるかで考えてみるのです。

 

自分を好きになれないような行動をとっているなら、それを変えていけばいいのです。

僕だと、暴飲暴食をしてしまう、三日坊主ばかり、行動が遅いなどです。

それをやめれると確かに好きになりそうだし、人としても進歩しそう。

自分を好きになるところから、人生は変わり始めるのですね。

 

「自分が嫌い」っていう人は、「中国人って…」みたいなのと同じ「過度の一般化」です。

自分がしているいくつかの行動が嫌いなだけなのに、自分全部を否定しているのです。

「自分が嫌い」と感じる人は、自分を好きになれないような行動をしているだけなんです。

 

なんか合わないなと思っている人と無理して付き合っているなら、会わなければいいだけです。

本当に大切にしたい人間関係に時間を使いましょう。

自由になる!DaiGoの「人間関係をリセット」する心理学

 

恋愛も「この人はどうすれば自分のことを好きになってくれるだろう」と考えてしまうと、ひどい結果になります。

どういう人と、どんな恋愛をしたら自分を好きになれるか」と考えるのです。

そうすることで、相手に振り回されることもなくなります。

 

仕事で成功するなら、「誰もやらないことをやる」か「誰もやれないくらいのレベルでやる」の方法しかありません。

前者は非現実的なので、後者になるでしょう。

 

本当に好きなことなら、誰もやれないくらいに突き詰めることは可能です。

本当に好きなこと、自分を好きになれる行動にはチャンスが隠されてます。

ヒロシです「働き方1.9」は好きな事を発信するだけとです

 

性格は変わらないけど、行動は変えられる

性格はなかなか変えれないけど、行動はすぐに変えれます

落ち着きがない性格なら、堂々と座ってればいいだけです。

それに性格は変わったかどうかも自分ではよくわかりません。

 

その点、行動はすぐに変わったことが実感できます

変えやすいところから行動を変えていくことで、性格は確実に変わるんです。

行動は意識で変わる!「考えすぎて動けない人のためのすぐやる!技術」

 

僕は以前は完全な汚部屋に住んでいました。

しかし、引っ越しをして「1階には生活感のあるものは置かない」と決めて片付けるように行動を変えました。

今のところ部屋は自分でも驚くくらい綺麗さを保ててます。

そうなると、むしろ汚いのが許せなくなって、こまめに整理整頓するようにまで変わりました。

 

行動を変えると、自分の性格は変わっていなくても、周りの評価は変わってきます

そうなると、なんか、自分でも性格が変わったような気になってくるのです。

 

いい恋愛ができない、いい人に出会えないのも、性格ではなく行動の問題です。

最近付き合いのない友達に連絡してみたり、今まで行かなかった場所に顔を出したり遊びに行ったりするべきなんです。

 

仕事が上手くいってない人は、自分の行動を記録するようにしてみます。

記録することで、行動を振り返り反省し始めます。

 

悪い行動を見つけて、それを変えればいいだけです。

大抵の場合、ダメな性格は、ダメな行動に過ぎません。

 

才能とは努力が苦にならないこと

自分の才能を見極める一番いい方法は、努力が苦にならないこと

もっと言えば、そもそも努力と感じていない活動があれば、それは才能を持っているということです。

 

よく、「成功するには、成功するまで続けること」という言葉を聞くと思います。

失敗する人は成功する前に諦めたり、力尽きたりします。

 

それ以前に、成功に向かって行動を始めることさえ出来ない人がほとんどです。

なので、目標に向かって挑戦して、さらにその努力を継続できる人ってかなりの少数派です。

「イチロー・インタビューズ」イチローの哲学を学び、継続する力を手に入れよう

 

人間関係で言えば、一緒にいて楽な人、苦もなく関係を維持できる人は、一緒に何かを生み出せる可能性がデカいわけです。

恋愛も同じですよね。

 

仕事なら、自分の才能が発揮できる仕事をするのは大切ですよね。

理想は、働かなくても食べていけるようになった状況でも、続けたいと思えるような仕事をする事やなあ。

お金を使うのが惜しくない趣味とかあれば、そこは才能が眠っている可能性は大です。

世界一やさしい「やりたいことの見つけ方」大事な事と得意な事と好きな事

 

自分を変えたいなら、振り返らずに行動し続けよう

何かに思いっきり夢中になって取り組んでる時って、心理学的には「フロー状態」と言われる状態にあります。

自分に対する意識が極限にまで弱まってます。

 

という事は、この状態で客観的に振り返ることなど出来ません。

「どれくらいできているだろう」「どんな風に評価されてるだろう」

という風に、自分を振り返って確かめてるなら、集中出来てないって事です。

 

人間関係も同じです。

人と比べて劣等感や優越感を感じるのは、自分に自信がないからです。

つまり、自分がやるべき事をやれていない証拠です。

どうしても人と比べてしまうなら、マインドフルネスで「今、ここ」に集中するようにしましょう。

「マインドフルネス」で集中力や幸福感もアップ!毎日の習慣にしよう

 

恋愛なんてもっと顕著に確認してしまいますよね。

でも、「私のこと好き?」とか聞き出したらもうダメです。

確認される方はウンザリです。

 

自分が魅力的であれば、確認なんて必要ありません。

確認するくらいなら「もっと自分を磨こう」という気持ちで前に進むべきです。

それが相手との関係をより良くしていきます。

「一緒にいると楽しい人、疲れる人」好かれる人にはチャンスも幸福もやってきます

 

仕事だと、マルチタスクはマリファナを吸うよりも集中力が低下するそうです。まじ?

なので、声をかけられたり、メールを受信したり、スマホの通知などは脳にとってかなりの悪影響なんです。

逆にそういう時代だからこそ、集中できるというスキルは仕事でも優位に立つ事が出来ます。

マルチタスクは危険ですね。

樺沢紫苑「絶対にミスをしない人の脳の習慣」ワーキングメモリを鍛えよう!

「ポジティブ・ワード」を読んでやってみた

行動で人生を変えたい!

実践してみたこと

  • 今すぐやろう
  • 何かを始めるのに遅いことなどない

今すぐやろう

一番脳が疲れる仕事って、やり残した仕事だそうです。

きつい仕事も、気を使う仕事も、やりきった場合には大した疲労感は残りません。

 

でも、やり残した仕事って、ずっと脳は意識したままなので、意思力を使い続けて、脳は疲弊するそうです。

めっちゃ先延ばしするタイプやわ…。

 

「今めんどいから、明日やろう」は、自ら疲れようとしているようなもんなのですね。

だから、「今すぐやろう」を合言葉にしていきます。

ずっとやらなきゃと思っていた家の手続き、今からやるぞ!

 

仕事も面倒なことから片付けていくと、あとはスッキリした気分で働く事が出来ます。

忙しい人ほどそういう働き方をしてますよね。

 

人間関係においても、全然連絡とかしない方なんで、「その場で連絡する」を習慣化します。

大富豪の習慣にも、これは書いてありました。

やれてないや。よし、やるぜ。

「世界の大富豪」2000人にお金や時間について聞いてみました

 

何かを始めるのに遅いことなどない

これは最近全く気にならなくなってきました。

出口さんの本を読むと、そんなの言っている間に始めろよと思えるようになりました。

60歳でライフネット生命を起業!「還暦からの底力」人生の折り返し地点からの挑戦

 

「もっと〇〇しとけばよかった」は、現在の不満を過去の自分のせいにして、目の前の問題や努力から逃げてるだけなんです。

過去の自分のせいにする人は、未来の自分に期待もします。

「来月になったら落ち着くだろうから、その時から始めよう」

なんてのも、現実逃避に過ぎないのです。

 

…言ってたわー!

もうね、すぐやれと。

今より早いことなんて無いので、遅いとか言わずすぐやります。

 

まさに言葉のサプリ。一日一項目を読む、なんて使い方も良いと思います。

即行動に移せるようなものばかりです。

是非本を読んで試してみて下さいね。

関連記事 この投稿も読んでみよう!

「やり抜く人の9つの習慣」これはすごい!脳科学で自動的に目標達成してしまう方法

どうすれば「これをやろう」と決めた事を続けて習慣化できるのか?

根性とか才能とかの問題ではありません。脳の仕組みさえわかっていれば誰でも可能なのです。

 

Audible トップ

 

著書名 ポジティブ・ワード

著者 メンタリストDaiGo

出版社 日本文芸社

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて