1日ひとつだけ、強くなる

 

プロゲーマー梅原大吾「1日ひとつだけ、強くなる」あなたの世界でも勝ち抜く方法

この本を読むと得られるもの

毎日の勝負をいかに戦うかを学べます。

自己の成長にはどのようなメンタルが必要なのかわかります。

継続することの大切さや方法が学べます。

 

過去にも「ウメハラ」こと「梅原大吾」さんの本を紹介してきました。

過去の本では生い立ちや勝負における考え方について書かれてました。

プロゲーマーウメハラの「勝負論」成長こそ最高の幸せである

 

過去の本で言いたいことはほぼ伝えれた満足感で、その後の出版の依頼は断っていたそうです。

今回の依頼は、ウメハラさんの過去の対戦を振り返りながら考えていたことを語って欲しいというものでした。

おお、新しいな。でも、それって格ゲー知らなかったら読んでも意味わかんないんじゃ?

 

世の中がグローバル化し、テレワークなども導入され、競争はより激化してきました。

ウメハラさんが戦ってきたやり方は、ゲームに関係のない多くの人にも参考になるのでは?という打診だったそうです。

その編集者、センスいいな!

 

これまでのウメハラさんの書籍はむしろゲームを感じさせないものでした。

そこでいよいよ踏み込んだ内容になるということです。

今の時代、ミスの無いように無難に働けば良い、というのは終わろうとしています。

 

タイトルは「1日ひとつだけ、強くなる

まさにウメハラさんを表したタイトルだと思います。

果たして僕たちは、1日ひとつでも何かを習得しているでしょうか?

日々進化できているでしょうか?…正直自信がない。

 

この本では、

視点を高くする…ストリートファイターZERO3全国大会

感情を支配する…Evolution2003

成長とは変わること…闘劇2004

飽きても続ける…プロゲーマーになる

「ここ一番」で勝つ…MADCATS UNVEILED JAPAN

才能を超える…今の僕が思うこと

の項目で書かれています。結構昔の試合についても語られてますね。

 

ここでは、伝説の名勝負インフィル戦に焦点を当てて要約したいと思います。

ファンなら「あの試合か!」と気になるタイトルが並んでいます。

是非本で読んでください。

「ここ一番で勝つ」ウメハラVSインフィルの伝説の試合

 

燃え尽きて終わるような目標の立て方はダメです。

普段の取り組みを淡々と維持する事が、勝ち続けるためには必須です。

普段は5割8割くらいでの打ち込み方がベストなんですって。

 

確かに末長く成長する事を考えると、余力は必要ですね。

僕も一時期1日2投稿を目指してやってたのですが、無理しすぎでした。

 

しかし、負けるわけにはいかない「ここ一番」という勝負は必ずあります。

インフィルトレーション選手(以下インフィル)との戦いはまさにそれでした。

 

インフィルは韓国の強豪プレイヤーです。

めちゃめちゃ真面目で、日本語も上手な選手です。

意外性もありカリスマ性もある、僕も好きなプレイヤーの一人です。

この試合が好きなんですよね。

ここでインフィルが使ったハカンというキャラは、弱キャラを超えたむしろネタキャラ扱いされるものでした。

使った時は「ヤケクソ?」と思いましたが、勝ち筋が見えてたんですね…。

 

そんなインフィルにウメハラさんは大事な局面で連敗していました。

憎らしいくらいに強いインフィル。まさにライバル。

 

ウメハラさんは普段は特定の相手を目標に練習はしません。

その時にはいいけど、汎用性に欠けてしまうし、基本的な動きが崩れるリスクもあるからです。

 

しかし、このイベントにおいてはウメハラさんは徹底的にインフィルを研究しました。

エキシビションでインフィルと10先の試合をする事になったのです。

 

プレイヤー人口の多い日本は、圧倒的に少ない韓国に対して恵まれた環境です。

そんな環境差がある韓国で、世界トップレベルのプレイヤーになるには並大抵ではありません。

ウメハラさんはだからこそインフィルを認めています。

 

対戦に使うキャラまでも事前に分かっているエキシビション。キャラ同士の組み合わせも奥の深いものです。

この時のウメハラさんは世間的にも完全に挑戦者の立場です。

 

ウメハラさんは、徹底的に対策をされました。

まずは動画を徹底的にチェック。

すると不思議なもので、相手の思考もだんだん分かってきます。

 

そしてウメハラさんが欲しかったのは「勝てる根拠」です。

それを明確にしないと、勝負の意味はありません。

根拠を持って挑めば、仮に負けても根拠の確認が出来ます。

それが学びになるのです。

 

よく言われる「勝てると思い込め」は違うそうです。

思い込みで誤魔化さず、きちんと根拠を構築すれば、勝負に挑む時の基本的な姿勢が出来上がります。

 

プレイの細かい考えは是非さっきのひとつ目の動画を見てください。

戦い方のコンセプトを構築する時には、まず自分の強みを並べるんですって。

これはすべての仕事にも当てはまりますよね。

相手に勝っている部分はどこなのか。

「ランチェスター戦略」で小が大に勝つ為の戦法を学ぼう!

 

大事なのは勝つ事だけではありません。

準備をやり切る事。

これも勝つのと等しいくらい大切なテーマです。

 

ゲームに限らず「もう無理だ」と思ってしまう事はあります。

そこで思考が終わるとそれまでです。もったいない。

「何かあるはず」と探せば、大抵は何か見つかるそうです。

「今は無理でも、どうしようもないことはないはず」

そう思い直す癖がウメハラさんはついたそうです。

 

視野を変えてみたり、習慣を疑ったり、客感的な視点が足りてなかったり。

試してダメなら、また初の方法を考える。

これは才能の問題ではなく、チャレンジ精神の量の問題なんです。

 

ウメハラさんに仮に何かあるとしたら、色々と考えた試し、それを面白がれる事だと本人は言います。

確かにどの成功者も、継続できる事が唯一の方法だと言ってます。

「イチロー・インタビューズ」イチローの哲学を学び、継続する力を手に入れよう

 

「もう年だから」とか限界の言い訳はいくらでも作れます。

そこで終わっては、当たり前のつまらない結果しか待っていません。

 

周りの評価を受け入れる必要はありません。

限界がどこかなんて、誰にもわからないのです。

 

インフィルとの対戦を前に、いろんなプレイヤーとのスパーリングもこなします。

これは、格ゲー発祥の地である日本の歴史が生んだ大きな財産です。

コミュニティーの大切さ。成長するには欠かせないんですね。

 

当日。ウメハラさんはワクワクしていました。

自分にやれる事は全部やった。

もし、これで負けたら、自分の中にまだ向上心が溢れてくる。そんな予感がしたからです。

どこまでも成長に対して貪欲なんやな。

 

そして試合はウメハラさんのほぼ予定通りに進み、決着がつきました。

徹底的に準備をして、負けたらまた一からやり直せるような気持ち。

まさに得難い経験です。

しかしそれも終わってしまえば、また次の日からは、いつもの取り組みが始まるのです。

すごい…。

「1日ひとつだけ、強くなる」を読んでやってみた

今日の俺は、俺史上最強

実践してみた3つのこと

  • 今日の積み上げを朝に決めてみた
  • 夜には振り返りをきちんとしてみた
  • 積み重ねは欠かさずやる事にしてみた

 

毎日毎日、自分の最高得点を更新していく。

全く意識して生きてきませんでした。この本を読んで一番の反省です。

 

そこで、朝起きて手帳にその日の積み上げを書くようにしました。

本業以外の事で、将来に繋がるものを必ずやって昨日より優れた人になっていく。

今のところ3つを書いてます。

 

そして夜にはその日の振り返りを書くようにもしました。

出来てたらOK!

これをずっと継続できたら、すごい事になりそう。

これがウメハラさんが言う成長する事の楽しさなんかな。

5人の幕末志士の生き様に学ぶ「人生最後の日にガッツポーズで死ねるたったひとつの生き方」

 

他にもウメハラさんが選ぶ重要な試合の事を、事細かに書き記してあります。

是非本を読んでみてくださいね。

関連記事 この投稿も読んでみよう!

世界一の東大卒プロゲーマー「ときど」がやってる「努力2.0」でスランプからの脱出

数々の名勝負を繰り広げた二人。

お互いの人生を知ることでさらに深く試合を見る事ができますよ。

 

Audible トップ

 

著書名 1日ひとつだけ 強くなる 世界一プロ ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

著者 梅原大吾

出版社 KADOKAWA/中経出版

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて