人生を貧しくしない為に今すぐやっておく25のリスト

 

人生を貧しくしないために!「今スグやっておく25のリスト」応援される人生!

ご縁は大切にしましょう

この本を読むと得られるもの

どのような人間関係を増やしていくべきかがわかります。

本来の自分の能力を発見できます。

上のステージへのレベルアップが図れます。

 

勉強すればするほど、「あの時こうしておけば!」と気付くことが多過ぎです。

「事前に知ってれば…」「あの時別の選択をしていれば…」

人生は確実に良い方向に変わっていたはず。

 

それならこれからの為には、どのような事をやっておけばいいのだろう?

そのヒントが見つかる一冊です。

 

著者の中村さん曰く、

「次のステージ」にいけるかどうかは、人との「ご縁」を積極的に作り、いかに太くしていくかで決まると断言できます。

極論になるが、貧しい人生とは、誰にも応援されない、人と喜びをわかち合えない人生である。

応援されてないなー。悲しい。

 

この本では、これからの人生の落とし穴にはまらない為に、未来へと続く「25のリスト」が書かれています。

お金も仕事も失う「群れ」に入るな!これからは「競う人」を変えよう

年収1000万を目指す人へ期間限定の「修羅場」で戦え!

仕事のフィールドを無限大に広げる成功する人だけがやっている「ご縁」の技術

あなたの「次のステージ」が見えてくるケタ違いに成長デキる「最速手段」

10年後を先取りしよう!人生を極上にする「+1」の視点

 

ここでは、「お金も仕事も失う「群れ」に入るな!これからは「競う人」を変えよう」について要約しています。

他の項目は是非本で確認して下さいね。

今までと違う群れに入ろう!視点を変えよう

付き合う人を変えてみよう

世の中にはすごい人は沢山います。

自分の会社の中では好成績でも、一歩外に出てそういう人たちと接すると自分の小ささにガクガク震えてます。

 

しかし、それは幸運な事です。このままじゃダメだ!と刺激を受けれるからです。

社外の優秀な人とこの1ヶ月どれくらい接する事が出来たかな。…片手で足りるかも。

 

ランチも気の合う人とだけで行ってませんか?

社外の人と行くのが難しかったら、別の課の人と行ってみたり、普段交流の無い人と行くのも色々な発見があります。

それにより周りに理解者が増える事もプラスですね。

 

特に効果的なのは、「違うステージ」の人と行くことです。

同じようなステージにいる人からの誘いは断っても良いですが、上のステージの人からの誘いは絶対行きましょう。

ステージの違う人たちの考え方を身につける事が出来たら、あなたは一気に成長出来ます!

10年先の事はわかりません。だからこそ、「既に見えている人」から話を聞くのが大きいのです。

 

ノミ人間の話

ノミって本来は70cmほどジャンプするそうです。

でも、高さ15cmぐらいの箱に閉じ込めておくと、ふたに何度もぶつかる内に、箱から出してもその高さ以上跳べなくなるんですって。

 

「ノミ人間」とは、実は高く跳べるのに「出来ない」と決め付けて飛べない人です。

出来ないという人の多くは「ノミ人間」になっているだけなんです。

 

面白いのが、「跳べなくなったノミ」も、「跳べるノミ」に近づくと、失ったジャンプを取り戻して跳べるようになるんですって。

無理だと思ってた人も、高く跳んでる人を見ると跳べるようになるかもしれません。

 

自分を過小評価するのはもったいないです。

やってみれば意外と跳べるはずですよ。

 

やってみるなら是非「尖っている人」になってみるべきです。

尖っているとは「一点集中」であると言えます。特定の分野だけを突出した存在になるのです。

どんな小さな事でも構いません。とにかく一番になってみましょう。

「明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?」自分の中の原石を磨いて掛け合わせよう!

それが自信にもなり、次の成長に繋がっていきます。

 

まずは年収1000万を目指そう!

スライムを倒しまくる

ドラクエのスライムもひたすら、ただひたすら倒し続けると、勇者のレベルはどんどん高くなっていきます。

 

現実社会も同じです。

レベルを上げる為にはひたすら倒しまくるしかないのです。

早くレベル2になりたければ、目の前の簡単な仕事を繰り返していくしかありません。

一発狙いで強敵を倒しにいっても、HPはゼロよ!となって蘇生や回復が必要となり、逆に非効率になります。

 

がむしゃらなんてカッコ悪い、汗水垂らして必死にやるなんてナンセンスと周りから思われる事もあります。

それでも成長の為には欠かせません。

今はカッコ悪くても、将来カッコ良くなる為にやるしかありません!

弛まぬ努力こそが「Gacktの勝ち方」だ。自分に嘘をつかないように毎日努力する

 

自分のウリは1行で

フランスの学者ルイ・パスツールの言葉

「チャンスは準備を整えた人のところにのみやってくる」

 

人と初めて会う時、大抵相手の人はあなたのことをよく知りません。

だからこそ、自分は何者で、どんな事が得意なのかを一瞬で理解してもらわないといけません。

逆に1行程度で自分のウリを明確に伝えれないと、ほとんど相手の印象には残りません。

 

多くの場合、チャンスとはあなたの能力を相手が「必要としている」場面において、その人の記憶の検索に上位表示されるかどうかで決まります。

ネットショップをオープンしたいなあと思った人が、「そう言えばあの人、ネットショップの超達人だったな!」と思い出してもらえてこそ、チャンス到来です。

思い出してもらいやすくする為にも、ウリは30文字程度で考えてみましょう。

 

そして、一緒に仕事をした際に「また」お願いしたくなるという人がいます。

どんな人なんかな?

多くの人はその場限りの利益を追求します。自分ありきの考え方なんです。

これからの社会の必須スキル!「どこでも誰とでも働ける」方法!

 

逆に仕事がまた舞い込んでくる人は、「相手のメリット」を最大限にする事を考えています。

自社よりも他社の方が相手にとってメリットだと判断すると、全然そちらを勧めるのです。

そういう人はファンが増えていき、そこから紹介もされたりします。

まさにキブアンドギブ!

 

「今スグやっておく25のリスト」を読んでやってみた

人を繋いで成功させよう

読んで即実践する3つのポイント

  • とにかく作業量を増やしてスライムを倒しまくる
  • 人に人を紹介する
  • 縁を復活させる

 

もうこのブログでも何回も書きましたが、やはりそうかとなるのが作業量。

隙間時間の全てを自分の作業に充てたい。でもついつい動画みたりSNS見たり…。

 

いかん!これでは足りん!

スライムを倒しまくってレベルを上げないと。

作業自体は始めるとめちゃゾーンに入るので、入るまでが課題です。

 

それに量もだけど、質ね。

「ブランドは細部に宿る」とゴルビジェも言っていました。

「期待以上」の仕事を仕上げないといけません。

 

そして、この本を読んだもう一つやりたいなと思ったのが、人に人を紹介するです。

自分の守備範囲の依頼の時は、「やってないです」ではなく、「この人デキるんで紹介しますよ」と言います。

 

人を成功させると、なぜか自分も同時に成功していくそうです。

むしろ、今の時代はこの方法でしか成功しないです。

いいですよね、縁を広げるって。

 

昔の友達とかで今は連絡をとってないの、めっちゃ多いんです。

この人たちに順番に連絡をとっていきました。

結構緊張するなこれ!

たわいもない話ばかりでしたが、なんか面白かったです。

ご飯とか行けるといいですよね。

 

縁ってやっぱりギブアンドギブなんですねえ。

与えれるものをどんどん増やしていかないとですね。

この本を読んで自分を磨き上げましょう!

関連記事 この投稿も読んでみよう!

「成長マインドセット」でわかる自分の成長の為に必要なものと邪魔なもの

成長に必要なアクセルとブレーキについて学べます!

 

Audible トップ

 

著書名 人生を「貧しくしない」ために! 今スグやっておく25のリスト

著者 中村 将人

出版社 すばる舎

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて