稼げる人と稼げない人の違いって能力の差ではありません。マインドの差なんです。

思考の差が行動の違いとなるので、普段から成功者のマインドを身に付けてないと成功者になることは出来ません。

どんな所にマインドの差は現れるのでしょう?その違いを知ってご自身の思考や行動に取り入れて下さいね

「中卒、借金300万でも年収1億円」稼げる人は能力の差ではなくマインドの違いにあり!

自分の思考がことごとく300万円思考だった

この本を読むと得られるもの

  • 成功している人のマインドを身に付けるヒントが得られます
  • 自分の生活を見返す事で、やるべき事が見えてきます
  • 具体的な行動を知る事で、自分の習慣を変える事が出来ます

 

お金を稼げないのは、能力のせいではないそうです。

じゃあ何が原因なの?

それはマインドのせいなんです。マインドを変えると必ず稼げるようになるんですって。

 

著者の原田さんはアフェリエイトで稼げるようになり、「俺すげえ」で仕事を辞められます。

「自分は何をやっても上手くいく」と過信され、人のアドバイスも聞かずに自己流でやろうとします。

 

スタッフを雇ったり、会社を起こしたりしても上手くいきません。

そこで気付かれたのは、「稼げる人と稼げない人との差は能力ではない」ということでした。

 

稼げる人の思考を身に付けるのです。

億を稼げる人たちは、お金の本質を知っています。

お金とは、価値の対価であるということです。

どれだけの価値を生み出すことが出来るかで、稼げるかどうかが変わってきます。

 

この本では、

  1. 1億稼ぐ人は「仕事」を楽しむ
  2. 1億稼ぐ人は「人間関係」に執着しない
  3. 1稼ぐ人は「環境」にこだわる
  4. 1億稼ぐ人は「お金」に価値を置きすぎない
  5. 1億稼ぐ人は「お金」より「時間」に価値を置いている

の項目で、稼げる人に共通するマインドを様々な視点から解説されています。

 

ここでは、気になったものをピックアップしています。

億を稼げるマインドを身に付けて、自由な時間と大きな収入、人生の幸せを手にしたいです!

稼げる人の思考を知ろう

  1. 年収300万の人は、何でもやろうとする
  2. 年収1000万の人は、得意分野がある
  3. 年収1億円の人は、日本一の得意分野を持つ

 

中途半端な目標設定をするよりも、ナンバーワンを目指す方が何倍も簡単なんですって。

もし、商品やサービスを提供したいなら、「これならナンバーワンだ!」というものを作って下さい。

 

富士山は超有名だけど、北岳はそこまで有名ではありません。

ナンバーワンとは、それくらい強力な印象を与えるのです。

ナンバーワンの商品を作って、堂々とナンバーワンを名乗りましょう。

 

逆に「何でも屋さん」にはなってはいけません。

「あれもこれもできます」「あれもこれも置いてます」

これでは、お客様は「この人に頼もう」とは思いません。

〇〇専門と特化した方に頼みたいと思うものです。

 

日本の社会は右向け右の世界です。目立つと叩かれます。

年収300万の人は、みんなと一緒じゃないといけないと思います。目立って叩かれるのを恐れます。

年収1億円の人は、何事でもナンバーワンになって突き抜けようとします。

 

  1. 年収300万円の人は、やるべきことすらやらない
  2. 年収1000万円の人は、何でも綺麗に取り組もうとする
  3. 年収1億円の人は、やるへきことを全力でやる

稼げない人は、今できることをやろうとしません。

「稼ぎたい」と言いつつ、具体的な行動を起こそうとしないのです。

「稼ぎたいなら、最初にこれをやって下さい」と具体的に指示されてもやらないのです。

 

また、やるべき課題をこなさずに、先のことばかり気にします。

「この後はなにをすればいいんですか?」と言いつつ、行動しません。

 

収入を増やすには、自分の器を大きくする必要があります。

目の前の器を十分に満たすと、水が溢れる前に、より大きな器が手に入ります。

まずは、目の前のことを真剣に取り組むことです。

 

目の前のことに集中してやれば、最低でも1000万円は可能です。

年収1億円では、目の前のことにフォーカスしつつ、同時に全体像を捉えて動くことが大切です。

 

  1. 年収300万円の人は、人の話を聞かない
  2. 年収1000万円の人は、人の話を聞くが、自己流でやりたがる
  3. 年収1億円の人は、成功者の言うことを全て受け入れる

稼げない人は、人の話を素直に聞きません。

最初から「そんなの出来ない」と決めつけたり、人の批判が大好きです。

 

年収1000万円の人は、人の話を聞いても全てを受け入れません。

100のアドバイスを聞いたら、7割くらいは実行する具合です。

 

年収1億円の人は、圧倒的に素直です。

自分が「この人だ!」と決めた人の言うことを丸ごと受け入れ、その通りに行動します

 

もちろん、誰の話を聞くかは大切です。

尊敬できる人、理想のライフスタイルを送っている人の言うことを聞きましょう。

そうでない人のアドバイスも、良いと思うところはもちろん受け入れます。

僕だとまずは、自分の理想を実現している人を見つけるところからです。

 

  1. 年収300万円の人は、モノや人間関係を捨てられない
  2. 年収1000万円の人は、モノは捨てれても人間関係を捨てられない
  3. 年収1億円の人は、人間関係にも執着しない

僕はモノも人間関係も捨てれない方です。

年収300万円の人は、モノも情報も人間関係も何もかも貯め込みます。

まさに「無くなったらどうしよう…」という不安があるんです。

しかし、古いものを手放さないと、新しいものが入ってくる余地はありません。

 

年収1000万円の人は、モノは捨てれるけど人間関係は捨てれません。

所属している会社やコミュニティに固執して、なかなか新しいところへ出て行けないのです。

人間関係を変えることで、孤独になることを恐れるのですね。

 

「人間関係を捨てる」とは、絶交することではありません。

一時的に捨てるのです。新しい価値観を求めて移動していくのです。

 

今の時代はむしろ、変化しないことが価値を生むケースは少ないです。

老舗であっても時代に合わせて変化しているからこそお客様にうけいれられるのです。

 

  1. 年収300万円の人は、「初心者です」「お金がない」が口癖になっている
  2. 年収1000万円円の人は、少し稼いで有頂天になる
  3. 年収1億円の人は、稼いでいない時から成功者のように振る舞う

結果を変えたいなら、先に思考を変える必要があります。

年収1億円になるなら、先に年収1億円稼ぐ人のマインドを身に付けないといけません。

 

思考が変わらないと何も手に入らないからです。

仮に手に入っても、長くは続きません。

 

貧乏な人が宝くじで一等を当てても、人生をダメにします。

これは貧乏な思考のままでお金を手に入れても、その状況を保持することが出来ないからです。

 

大きく稼ぐ人になるには、稼いでいない時から「稼いでます!」かのように振る舞うのです。

年収300万円の人は、何事につけても「初心者です」と言う人が結構います。

これだといつまで経っても初心者と変わりません。

 

まずは発言を変える事で、振る舞いも変わります。

「稼いている」と言えば、稼いている人が集まってきて、稼げる人のコミュニティが出来上がります。

「お金がない」と言う人には、「俺もないわ」という人たちが集まってくるわけです。

 

振る舞いや発言を変える事で、人生を変えることにも繋がるんですね。

「中卒、借金300万でも年収1億円」を読んでやってみた

300万思考をやめていく!

実践してみたこと

  • 「絶対できます」と言う
  • やらない事リストを作る

「絶対できます」と言う

すぐに「出来ない」という癖はいけません。

何かを始める時に、出来ない理由から探してしまいます。

「多分ダメね」と思いながら出来るはずもありません。

 

でも、僕も保身の為なのか「出来ないかも」って考えてしまうんですよね。

自分自身が出来ると確信していないと、目標達成なんて絶対に不可能です。

 

本当に達成したいなら常に「どうすれば出来る?」と考えるようにしないとです。

そう考える為にも、後ろ向きな言葉は使わないようにします。

「出来ない」「難しい」「自信がない」

これ一切禁止!

「絶対に出来ます」「必ずやります」

と言っていきます。

 

多くの人が失敗するのは、物理的な問題ではなく、自分で自分にブレーキをかけるからなんですって。

確かにそんな気がする。

自分を信じて前向きにいきましょう!

 

やらない事リストを作る

以前やりたい事リスト100を作りました。

やりたい事って次々浮かんでくるんですよね。

なので優先順位をつけないと、やるべきことをする時間が無くなってしまいます。

 

中途半端にしか稼げない人は、やる事リストをつくるのが好きです。

まじかー。面白いのにー!

大きく稼ぐ人は、やらない事ラストを作っているそうです。

 

重要な事だけをやるという支店が大切なんですね。

ちょっとやらない事リスト100を書こうと思ったんですが、めっちゃ大変ですね。

 

しかも、きっちりやらないようにする為には、根本的に変えないといけないのです。

ダイエットの為にお菓子を食べない、ならコンビニには入らないという習慣になるわけです。

 

僕はあれやこれやとやってるから誰も中途半端なんやな。

目標を設定して、その目標を最短で達成する為に、やらない事リストをつくり、しっかり守ること。

こうする事で、本当にはやらなくて良い事が見えてくるんですね。

 

うん、習慣的な本って何冊か読んでみたのですが、やっぱり成功してる人って全然習慣が違うんですよね。

ぜひ本を読んで取り入れていってみて下さいね。

関連記事 この投稿も読んでみよう!

「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」一流は恐ろしい程ストイックな習慣をやっていた

人生は習慣の集合体なわけです。

習慣を見直す事で大きく人生も変わりますね。

 

Audible トップ

 

著書名

著者

出版社

 

オーディブル

最近は散歩しながら本を聴いてます。オススメですし、無料で体験できるので是非試してみて